介護の知識, 福祉の知識

病院で介護職として働く!仕事内容、やりがい、大変さとは

介護職が働くのは特養やグループホームなどの介護が中心となる場所だけではありません。病院などの医療を中心とする場所においても、多くの介護職が働いています。この記事では、病院で働く介護職の実際を紹介します。

病院での介護職の仕事内容

病院での介護職の中心的なお仕事は、入院患者さんの介助や看護師の補助です。

入院患者さんは怪我や病気によって入院生活に様々な不便があります。そのため、トイレ・食事・入浴・移動…あらゆる場面で介助が必要となります。特養やグループホームなどでは高齢の方を介護することが多いですが、若い方も入院患者さんとして入院していることがあります。

看護師の補助は、病院ならではのお仕事です。例えば、カルテ整理・医療器具管理・備品管理といった内容が含まれています。病院では働いたことのない介護職には真新しい仕事もたくさんあります。

病院で働く介護職のやりがい

病院には急性期病院や回復期リハビリ病院などの様々な形態があり、それぞれのやりがいがあります。

例えば、回復期リハビリ病院では、退院に向けて毎日多くの時間のリハビリを頑張っています。介助や看護師の補助という仕事を通じてそれを支え、少しずつ体が良くなっていく様子を近くから見ることは、他には代えがたいやりがいがあります。

病院はそれぞれに役割や特徴があり、行われている医療も違います。そのため、そこで生じるやりがいも違います。病院で働いてみようと考えている介護職の方は、その点にも注目してみてくださいね。

病院で働く介護職の大変さ

病院には様々な医療スタッフが在籍しています。そのため、各職種の考え方の違いに振り回されたり、上下関係に巻き込まれたりすることがあります。また、特別な免許を持たない介護職を下に見るという医療スタッフもいます。特養やグループホームなどとは違う大変さがあるため、注意しなければなりません。

病院で働いてみようと考えている介護職の方は、実際の現場がどのような状況下をしっかりと情報収集した上で働き始めることがよいでしょう。

おわりに

病院で介護職として働くことは他では得られないやりがいがある一方で、独特の大変さがあることも事実です。そのため、情報収集をしっかりと行ってから転職する必要があります。

ワンジョブ転職は、奈良県に特化した介護のお仕事の求人・転職を扱っています。専任のコンサルタントが丁寧なヒアリングを行い、あなたにぴったりの転職先を紹介します。また、転職後のフォロー体制も充実しており、安心して転職することができます。

まずはLINEにお友達登録して、情報収集をしてみてくださいね!

LINEお友達登録
ワンジョブ転職公式LINEへのお友達登録

一覧に戻る
トップページ » お役立ち情報 » 病院で介護職として働く!仕事内容、やりがい、大変さとは