介護の知識, 福祉の知識

介護の資格でできること

介護の資格をいざ取得しようと考えた時、

まずはどの資格を取ればいいんだろう?

どんな資格があるの?

資格を取った後、どんな所で働けるのだろうか?

などの疑問を感じている方が多いのではないでしょうか? 介護の資格と一言でいっても、現在様々な資格が存在しています。今回は、介護の資格における主要なものを簡単に紹介させていただきます。よろしくお願いします。

介護職員初任者研修

介護職員初任者研修は、介護の入門資格となります。かつてはホームヘルパー資格、介護職員基礎研修が存在していましたが、制度の改正により、現在は介護職員初任者研修が介護の入門資格になっています。

受験資格

受験資格はなく誰でも取得可能な資格ですが、130時間の講習を受け修了試験で合格する必要があります。

資格取得後の活躍の場

介護施設や訪問介護等の職員として働くことができます。介護職員初任者研修の講習では実践的な内容を学べるので、すぐに現場で活かすことができます。

介護職員実務者研修

実務者研修は、介護職員初任者研修の上位資格になります。資格取得にあたっては、介護の知識や技術に加え、喀痰吸引や経管栄養等の医療的なケアに関する知識や技能も必要になってきます。

受験資格

受験資格はなく誰でも取得可能な資格ですが、450時間の講習を受け修了試験で合格する必要があります。又、講習とは別に医療的なケアの演習も修了する必要があります。

資格取得後の活躍の場

介護施設や訪問介護等の職員として働くことができます。訪問介護事業所においては、サービス提供責任者として働くことが可能になります。サービス提供責任者とは、ヘルパーやケアマネジャーと連携を取り、サービスを調整するという訪問介護事業所における重要なポジションです。

平成28年度以降、後述する介護福祉士の受験で実務経験ルートにて受験する場合、実務者研修の修了が必須となったので、キャリアアップには欠かせない資格だといえるでしょう。

介護福祉士

介護福祉士は、介護職における唯一の国家資格になります。高齢者の介護は勿論のこと、介護福祉士には相談業務を行うことも求められます。

受験資格

介護福祉士の受験資格を取得するためには、主に4つのルートがあります。

①    介護福祉士養成施設ルート(見出し3)

介護福祉士養成施設ルートは、厚生労働省が指定した介護福祉士養成施設にて学び、介護福祉士の国家試験を受験するルートになります。

②    実務経験ルート(見出し3)

実務経験ルートは、介護に関する実務経験を3年以上有している人が受験を認められるルートになります。前述してある通り、こちらのルートでは実務者研修の資格取得が必須となります。

③    福祉系高校進学ルート

福祉系高校に進学し、規定の科目と単位を取得して、国家試験を受験するルートです。

④    EPAルート

EPAとは経済連携協定のことで、多様な分野における相互の協力などを定めた協定のことをいいます。フィリピン人やベトナム人が、介護福祉士を受験するルートをEPAルートといいます。

資格取得後の活躍の場

介護施設や訪問介護等の職員として働くことができます。現場では、職員やヘルパー達のリーダーになることが求められ、施設や事業所で重宝される存在になります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は数ある介護の資格の中で主要なものを紹介させていただきました。介護に興味がある方や介護の仕事をしたい方は、まずは介護職員初任者研修の資格を取得することをおすすめします。

また、弊社では無料の転職相談を受け付け中です!!ぜひ気軽に無料相談へお問合せしてください!!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

一覧に戻る
トップページ » お役立ち情報 » 介護の資格でできること