介護の知識

介護職を長く続ける秘訣

介護職は「続かない」「すぐ辞める」って本当?

介護職は超高齢社会の日本において不可欠である、安定性や将来性のあるお仕事です。

未経験でも始めやすかったり、資格取得によるキャリアアップが描きやすかったりすることに魅力を感じて、まったくの異業種から介護業界に転職する人も少なくありません。

介護職員の経験年数は平均9.9年と10年に届かず、人手不足が慢性化している事業所が多いのも事実です。(参照:令和元年度介護労働実態調査 結果報告書/公益財団法人 介護労働安定センター

それでも、介護現場には20年以上介護職をやっているというベテランスタッフや、介護職を天職だとやりがいをもって働いている人たちが大勢います。

介護職を長く続ける秘訣はいったい何なのでしょうか?今回、介護職員として働いている方やこれから介護職を目指す方のために、介護職を長く続ける3つのコツをお伝えします。

介護職にやりがいを感じて長く続けるための3つの秘訣

「介護職を天職にしたい」「やりがいをもって介護の仕事をしたい」そんな方のために、介護職を長く続けるために大切な3つのポイントをご紹介します。難しいことではないので、参考にしてみてくださいね。

秘訣①5年後にどうなっていたい?具体的に目標を立てよう

目標がないとどんな仕事もマンネリを感じたり、達成感が得られずに長続きしないもの。自分がスキルアップして介護のプロとして成長を感じたい、昇進して給与をアップさせたい、リーダーになって理想の職場を作りたい…というように人によって目指す目的の方向性は異なりますよね。

まずはあなたが将来「こうなってたい」とワクワク感じられるのはどんな状態か、自由にイメージしてみませんか?

理想の未来から逆算して、今やるべきことを小さな目標として挙げてみましょう。

「2年後に介護福祉士の資格を取得するために、毎日30分勉強する」

「毎月、介護のスキルアップに役立つ本を1冊読む」

「3か月で新しいレクリエーションのネタを10個作る」

など、ちょっと頑張ればできそうな目標を立ててみましょう。期間や数量など具体的な数字を使って目標達成を測れるようにするのがポイントです。

その時も「できなかったこと」にフォーカスして落ち込まずに、まずは「できたこと」に着目して、自分を褒めてあげてくださいね。

1か月や3ヵ月毎に、達成状況を確認することで、いつも新鮮なモチベーションを保つことができるので定期的に振り返る時間をスケジュール化しておくのがおススメです。

秘訣②頑張りすぎないで!悩みや不安は1人で抱え込まずに周囲に相談を

「私がやらないと」「休日出勤を断れない」「利用者さんのためだから」と無理して頑張りすぎてしまっていませんか?

介護の仕事に誇りをもって、責任感の強い方ほど、ついつい自分を犠牲にしてしまって、ご自身のことを後回しにして心も身体も追い込みがちです。

介護職に就いた当時のやる気が志半ばに燃え尽きてしまっては、もったいないですよね。

仕事のなかで困ったこと、辛いことなどは介護職どんな職種でも起きます。そんな時は1人で抱え込んだり、友人や家族に愚痴ったりするのではなく、職場の共通の問題として相談するのがおススメです。

同僚との人間関係や仕事と家庭の両立など、一見個人的に思える悩みも実は同じような不安を抱えている共通の問題であることも少なくありません。

信頼できる上司や採用時に関わった人事担当者などに、遠慮せずに相談してみましょう。単なる愚痴にならないように、事実と問題に感じていること、自分の感情、こう解決したいという希望などを整理してから相談するのがコツなので、参考にしてみてくださいね。

秘訣③自分の時間を大切に!休日はしっかりと休む

介護職は利用者の人生の質を左右する責任の思い職種ですよね。対人間で唯一の正解がある仕事ではないので、コミュニケーションや接遇で悩んでしまうこともあるでしょう。

また入浴介助や移乗介助など体力を使う業務で身体を壊したり、夜勤で生活のリズムが狂ってしまったりと、精神的な面だけでなく体力的な負担もかかる仕事です。

責任感が強く「利用者さんのために」と献身的に従事し、自分を後回しにしてしまう人が介護職には少なくありません。

介護のプロとして高いパフォーマンスを発揮するために、まず第一に自身のメンタルと健康を優先しましょう。

休みの日も仕事が気になったり、家庭の用事で終わってしまったりしてしっかり疲れがとれないと、思考も後ろ向きになってしまいます。

仕事とプライベートにきっちりと区切りをつけて、休日はしっかりと休む、ストレスを解消すると決めることが大切です。美味しいものを食べたり、しっかり眠ったり、適度な運動をしたり、趣味の時間を過ごしたりして、また仕事を頑張れる気力と体力を養いたいですね。

以上、やりがいを感じて介護職を長く続けるための秘訣3つをお伝えしましたが、いかがでしたか?できるところからぜひ取り入れて、介護のお仕事での成長とプライベートの充実を実現させてくださいね。

一覧に戻る
トップページ » お役立ち情報 » 介護職を長く続ける秘訣