介護の知識

未経験・無資格でもチャレンジできる介護のお仕事

介護職は、体力がキツイ・夜勤がしんどい・給料が安い・長続きできず離職率が高いといったマイナスイメージがまだまだ根強いお仕事です。

しかし介護職は「高齢者の自立した人生をサポートする」という、超高齢社会の日本では欠かせない意義のある業種でもあります。

介護が各家庭から社会で担われるようになり、介護職が日本で専門的な仕事になってからまだ数十年しか経っていません。国もこれからますます必要とされる介護職の人材不足への対策として、処遇改善や働きやすい環境整備に取り組んでいます。

将来性のある業界として、無資格・未経験でも始めやすい仕事として、今後さらに注目が高まっていくでしょう。

介護職を始めるのに、特に条件はありません!

「無資格、未経験でも介護の仕事ってできるの?」「体力的に介護ができるかどうか心配」とお考えの方は多いのですが、ご安心ください。介護職では専門知識以上に、これまでの社会人経験や人生経験といった「人間力」が大きな強みになります。

また、無資格・未経験からスタートしても、学校に入り直さずに仕事をしながら資格を取得してステップアップしていけることも介護職の大きな魅力の1つです。資格を取得することで、スキルが向上するだけでなく、給料や待遇、仕事の幅も広がっていくのでチャレンジのしがいがありますね。

資格を取得してスキルアップできるのも介護職の魅力

無資格・未経験からスタートした介護職員のキャリアは、介護職員初任者研修から介護福祉士実務者研修、介護福祉士、認定介護福祉士さらにケアマネジャーなどへのキャリアパスが続いています。キャリアアップすることで、仕事の幅が広がったり専門性が深まったりして、お給料が上がることも期待できます。

明確な目標を持つことで、介護のお仕事を長続きさせることが可能になります。やりがいと誇りをもって、介護のお仕事に従事出来たら素敵ですよね。

そんなスキルアップできる環境に魅力を感じて、まったく畑違いの業界からの転職や、定年退職後のセカンドキャリアとして介護職にチャレンジしている方が、どんどん増えてきています。

資格が無くてもできる介護の仕事って?

介護の仕事は

  • 入浴介助や排せつ介助など、ご利用者の身体に直接触れて身の回りのサポートをする「身体介護」
  • 洗濯や掃除、食事の準備など、ご利用者の身体には触れずに行う「生活援助」
  • 余暇のためのレクリエーションやコミュニケーションなど「その他の介護」

の3つに大きく分けられます。

3つのどれも介護を必要とされる方が安心、安全に暮らせるために大切なお仕事で、無資格でも従事することが可能です。ただし、訪問介護の場合は無資格では身体介護を行えません。

未経験・無資格でも介護の仕事にチャレンジしてみたい方へ

介護職の人手不足は深刻であるため、未経験・無資格でも採用している介護事業者は少なくありません。採用されてから経験を積んで、自分に向いていると思ったら資格を取得して専門性を深めていくこともできます。

職場によっては、無資格から始めた職員の資格取得を金銭面で支援してくれるところもあります。転職活動時に、未経験者や無資格者で始めた人も活躍していたり、教育サポートがしっかりしている職場を探したいという方は、ぜひワンジョブ転職にお問合せくださいね。

onejob-job-post-two
一覧に戻る
トップページ » お役立ち情報 » 未経験・無資格でもチャレンジできる介護のお仕事