介護の知識

介護士の職場『介護老人保健施設』とは?

介護士が活躍する職場のひとつに、『介護老人保健施設』(通称:老健)があります。

介護施設にはいくつか種類があり、施設ごとに特徴や役割が異なるため、初めて介護業界へ転職される方にとってはややこしく感じるかもしれません。

本記事では、老健の特徴や、そこで働く介護士の仕事内容・役割についてご紹介します。

『介護老人保健施設』ってどんな施設?

介護老人保健施設(通称:老健)とは、原則65歳以上で「要介護」の認定を受けている高齢者が入所する施設です。

施設には、介護士以外にも医師・看護師・理学療法士・ケアマネジャーなどの専門職が配置されており、入居者の自立支援や在宅復帰をサポートする役割があります。

老健は在宅復帰を目指す施設

他の高齢者向け介護施設と老健の大きな違い

『医師・看護師による医療的管理が可能』

『在宅復帰を視野に入れた積極的なリハビ』です。

長期入所や終の棲家としての役割を担う施設とは異なり、老健はあくまでも『在宅復帰』を目指すための施設なのです。

老健における介護士の仕事・役割

医療やリハビリを必要とする方が入所される老健では、

食事・排泄・入浴・移動といった日常生活上のお世話だけでなく、レクリエーション、ケガや急な状態変化時の緊急対応、在宅復帰に向けた退所支援など、介護士の仕事は多岐にわたります。

『在宅復帰』が大きな目標であるため、入居者のこれからの生活(退所後の生活)を視野に入れた支援・サポートを行う必要があります。

チームワークが一層求められる職場です

介護士・看護師・リハビリ職が連携し、入居者の生活動作・健康状態・リハビリの状況などの評価を定期的に行いながら、チームで入居者に関わるのが特徴です。

老健の介護職はどんな人におすすめ?

老健は『在宅復帰』という大きな目標に向かって他職種とチームを組み、入所から退所までじっくりと利用者やご家族に関われるのが最大の魅力です。

  • 他職種との連携や協働を通じて、介護職としての知識・スキルをアップしたい
  • 入所から在宅復帰までの支援の過程を学びたい
  • 介護士として在宅復帰のお手伝いがしたい
  • 医療的管理を必要とする方の介護を学びたい

このような想い・目標がある方は、老健の仕事に魅力を感じられると思います。

さいごに

老健は、在宅復帰支援・リハビリなどにも介護士が積極的に介入するため、非常にやりがいのある職場です。

介護士として働く上での不安要素である「急変対応」「予期せぬ事故」の際も、医師や看護師が施設内にいるので安心です。

介護士としてスキルアップしたい、安心できる職場で働きたい方は、老健も視野に入れてみてはいかがでしょうか。

ワンジョブ転職では、奈良県内の老健の求人・お仕事も無料でご紹介しております。

転職前の相談はもちろん、転職後のフォローまで充実したサポート体制を整えていますので、「初めての転職で何をすればいいのかわからない」「介護職は未経験」という方も、安心してご利用いただけます。

まずはライン登録でも受け付けておりますので、ぜひお気軽にご登録くださいね♪

LINEお友達登録
ワンジョブ転職公式LINEへのお友達登録
一覧に戻る
トップページ » お役立ち情報 » 介護士の職場『介護老人保健施設』とは?